top of page
  • catsubomi0

花でそめものをしました (3、4、5歳児) 

 暑い日が続いたところに激しい雨が降り、保育園の日々送り迎えがたいへんな7月でした。今回のおたよりでは、両園の日々の取り組みやレッスンをご紹介いたします。

 昨年までは園庭に咲く「ほうせんか」の花を摘んでビニール袋に入れて手でもんで、その中に水を入れて水がピンクや赤色になるのを楽しんでいました。お花の色水遊びと名づけていました。 

今年は3、4、5歳児はその色水に布を入れて染めてみました。(1,2歳児は色水ごっこと紙に染める取り組みでした)

 今年のほうせんかは三年目です。毎年、杉村先生が秋に種をとっておいて春に植えて育てています。今年こそ布に染めようと花が咲くのをまだかまだかと、ほうせんかを観察してきました。最初はほとんどが白色の花をつけて「これでは染まらないのでは?」と心配していましたが、だんだんその白色が淡いピンクに変わりました。

子ども達自ら花を摘んでビニール袋に入れて、もみました。そうしたら不思議や不思議、淡いピンクがオレンジ色に変わっていくではありませんか!この袋に水を注ぎ入れて、媒染剤(ばいせんざい)として、みょうばんを少し入れて布をひたしました。しばらくして、引き上げるときれいなレモンイエローに染まりました。紫色の花を摘んだ子ども達のは最初、土色で、がっくりしたのですが、明くる日には、ピンク色になっていました。貴重な体験でした。明くる日4,5歳児達は、この体験を絵日記に書きました。コロナでお休み中だった子ども達はできませんでした。これから、どうにかもう1回チャレンジするつもりです。

   



        ニキーチンの知育遊び


 ニキーチンは、モスクワ郊外に住む普通の教師でしたが、自分の七人の子どもを、同じ教師だった妻と育てながら、赤ん坊は常識で信じられているより、ずっとたくさんのことができることに気がつきました。

 夫婦は子どもの知的な好奇心を刺激しそうなものをたくさん用意しました。そして、自分で考える力をきたえる積み木や図形や数字や文字を使う「知育遊び」を考案して、一緒に遊びました。                                                                                                                                                                                                             

 7月はチャイルドアカデミーでは1歳~3歳クラスで「ニキーチンの積み木の模様づくり」に、取り組みました。

立方体の積み木2個から4個・6個・9個と増やしていきます。この立方体は六面がみな違うようにぬられています。この積み木を使って一色から四色までの模様を非常にたくさん作ることができます。できた模様は何かの形に似ているので道路・階段・のこぎり・ちょうちょ・ボートetc.と名前がつけられています。子ども達は今までにない模様を作り自分で命名したりすることもできるようになります。

 この遊びでイメージ力・分析力・総合力がのびます。また、設計等の仕事で必要となる<組み合わせる能力>ものびます。

 

                  




                          

                         チャイルドアカデミー

                            代表  森 裕子

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

すこやかな眠り

入学式、入園式の前に桜が咲き春らんまんの4月は雨が多く、でも、子ども達は元気に園生活を楽しみ5月の連休にはいります。せっかく慣れた園生活も連休明けに、どうなるかな?と心配されているご両親もいらっしゃると思います。そのためにお母さんにおねがいしたいことがあります。それは「基本的生活習慣をくずさないでください」ということです。例えば朝6時に起きて夜7時に寝るというような生活習慣です。十分な睡眠時間をと

チャイルドアカデミーの保育・教育理念は野の花のように、強く、たくましく、美しくです

「美しい」という日本語は昔はやさしく、心がりっぱで、その上、いさぎよいという人間の内面性を表すことばだったそうです。品性(心の高さの価値)を高め、それを深め、それを守って生活していく子ども達を育てたいと願い努力してまいりたいとチャイルドアカデミースタッフ一同頑張っています。 登園・降園時の安全対策について お子様と保護者の皆様の安全のため、次のことを守っていただくようお願い致します。 ①駐車場から

卒園 おめでとう

寒い冬が終わり、木々が芽を吹き、たんぽぽ、すみれ、レンゲ草と野原の花が顔を出し暖かい季節の始まりの3月は、おわかれの季節でもあります。卒園・卒業の月です。卒園でおわかれする子ども達に毎年考えること、それは私は子ども達に十分なことをしてあげられたのだろうか?ということです。「野の花のように、強く、たくましく、美しく」生きていく力をつけてあげられたのだろうか? 幼児期に育てたい人生を幸せに生きていく土

Kommentarer


bottom of page