top of page
  • catsubomi0

こころを育てる言葉

 今年も早や、師走となりました。1年の総決算で大人は忙しい月ですが、子ども達にはサンタがプレゼントをもってくる楽しいことがいっぱいの月ですね。25日の朝、サンタさんのプレゼントに大喜びの子ども達の姿が目に浮かびますが子どもの要求する物を必ずもってくるとは限りません。サンタさんは親のいない子や貧しい子のところへ先に行くからと言い聞かせておくことが大事ですね。それから人の命を傷つけるもの、例えばピストル(ガン)などもサンタさんは持ってきませんよ。サンタさんは24日の夜にやってきますよ。起きたらきませんからね。


こころを育てる言葉

 日頃、何気なく使っている「言葉」は実は、計り知れない力をもっています。言葉ひとつで人を元気にさせることも、できれば傷つけることもできてしまいます。特に親が子どもにかける言葉は重要なのです。

 元気にさせる「プラスの言葉」と、やる気を失わせる「マイナスの言葉」があります。「また、こんなことやって、ダメって言ったでしょう。ほんとに、何度言ったらわかるのよ、も~何度言ってもわからないんだから!」と、これでは、ダメな子だと決めつけられていることになりますね。「ぼく(私)はママに認められたダメな子なのだ」と改善の余地はなくなってしまいます。では、こんな時プラス思考の言葉をかけたらどうなるのでしょうか。まず、落ち着いて、優しいトーンで「なぜ、やってはいけないのか」を説明するようにしましょう。そして「あなたのこと大好きよ、さすが~ちゃん。よくわかったのね」と抱きしめてあげましょう。子どもの自己肯定感を引き上げる10個の言葉使ってね!


承認のことば   「いいね」「すごいね」「さすがだね」

感心のことば   「なるほどね」「しらなかった」

感謝のことば   「ありがとう」「うれしい」「助かった」

安心のことば   「大丈夫」

指摘のことば   「○○ちゃんらしくないね」

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

すこやかな眠り

入学式、入園式の前に桜が咲き春らんまんの4月は雨が多く、でも、子ども達は元気に園生活を楽しみ5月の連休にはいります。せっかく慣れた園生活も連休明けに、どうなるかな?と心配されているご両親もいらっしゃると思います。そのためにお母さんにおねがいしたいことがあります。それは「基本的生活習慣をくずさないでください」ということです。例えば朝6時に起きて夜7時に寝るというような生活習慣です。十分な睡眠時間をと

チャイルドアカデミーの保育・教育理念は野の花のように、強く、たくましく、美しくです

「美しい」という日本語は昔はやさしく、心がりっぱで、その上、いさぎよいという人間の内面性を表すことばだったそうです。品性(心の高さの価値)を高め、それを深め、それを守って生活していく子ども達を育てたいと願い努力してまいりたいとチャイルドアカデミースタッフ一同頑張っています。 登園・降園時の安全対策について お子様と保護者の皆様の安全のため、次のことを守っていただくようお願い致します。 ①駐車場から

卒園 おめでとう

寒い冬が終わり、木々が芽を吹き、たんぽぽ、すみれ、レンゲ草と野原の花が顔を出し暖かい季節の始まりの3月は、おわかれの季節でもあります。卒園・卒業の月です。卒園でおわかれする子ども達に毎年考えること、それは私は子ども達に十分なことをしてあげられたのだろうか?ということです。「野の花のように、強く、たくましく、美しく」生きていく力をつけてあげられたのだろうか? 幼児期に育てたい人生を幸せに生きていく土

Comments


bottom of page