top of page
  • catsubomi0

チャイルドアカデミーは右脳教育で才能開発をスタートします

チャイルドアカデミーの子ども達は、お勉強が大好きです。新しく来た保育士やスタッフの先生方が、その様子(子どもがニコニコしてレッスンを受けていたり

「私もお勉強したい」と言ってくる)に驚かれます。そのひみつは一体何なのでしょう?

その答えはチャイルドアカデミーが「右脳教育」で教育をスタートするということです。「右脳教育」は心の教育です。園の先生方の愛情をいっぱい感じ、ここちよさと安心感の中で、子ども達の右脳の力が育ちます。

 人は誰でも右脳と左脳を使って生きています。けれども、人はみな生まれてから幼少期までは右脳で判断し直感で行動しています。右脳ってなあに?左脳ってなあに?と思っていらっしゃる方に簡単にご説明いたします。

 右脳の能力とは

   ・感覚的 直観的な能力に優れ、総合判断力が高い

   ・図形の把握、空間把握が得意な芸術性のある楽天家

 左脳の能力とは

   ・分析的で論理的思考に優れ言語や計算が得意

   ・真面目で几帳面な努力家

ご自分はどちらのタイプかな?と考え込まれた方もいらっしゃると思います。大人になったときには、自分はどちらの傾向が強いかな?という程度に考えられたら良いと思います。子どもの場合、3歳くらいまでは右脳全開と考えていただいてもよいのですが、耳が聴いたことを、そのまま覚えてしまう能力が高いので、この時期から他言語のヒアリングを始めた方がよいのです。3歳過ぎると左脳が発達しだし、だんだんと論理的な思考が生まれてくるのです。

右脳が引き出す3つの力には

①記憶力(目で見て記憶、耳で聞いて記憶、文章を読んで記憶など)

②イメージ力

③直感力 などがあります。

 チャイルドアカデミーで具体的にどのように右脳教育をしているか、ということは、後の機会にゆだねるとして、今回は私がその環境づくりで一番大事に考えていることをご紹介します。これはご家庭によっては緊急性のあるものだと考えられますので。

それは、子どもをむやみやたらに怒らない ということです。やってはいけないことをやったときには、これはダメです。と、その時 その場で言って、もし泣き出したりしたら、抱きしめてあげて「ママ(パパ)はあなたのことが大好きよ。愛してるよ。だからやってはいけないことと、やっていいことをおしえてあげているのよ」と言ってあげてください。

これはチャイルドアカデミーの園で保育士やスタッフの先生方にもお願いしていることです。

「チャイルドアカデミーの先生方はやさしいですね。子ども達が先生方のこと大好きなんです。」と保護者の皆様から言われます。怒らないこと、感情的に叱らないことは、決して甘やかすこととは違いますので どうぞご安心ください。

 最後にもう一度「右脳教育」は心の教育です。チャイルドアカデミーでは

園の先生方の愛情をいっぱい感じ、ここちよさと安心感の中で子ども達の右脳の力を育てています。   

               チャイルドアカデミー 

                         代表  森裕子

閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

すこやかな眠り

入学式、入園式の前に桜が咲き春らんまんの4月は雨が多く、でも、子ども達は元気に園生活を楽しみ5月の連休にはいります。せっかく慣れた園生活も連休明けに、どうなるかな?と心配されているご両親もいらっしゃると思います。そのためにお母さんにおねがいしたいことがあります。それは「基本的生活習慣をくずさないでください」ということです。例えば朝6時に起きて夜7時に寝るというような生活習慣です。十分な睡眠時間をと

チャイルドアカデミーの保育・教育理念は野の花のように、強く、たくましく、美しくです

「美しい」という日本語は昔はやさしく、心がりっぱで、その上、いさぎよいという人間の内面性を表すことばだったそうです。品性(心の高さの価値)を高め、それを深め、それを守って生活していく子ども達を育てたいと願い努力してまいりたいとチャイルドアカデミースタッフ一同頑張っています。 登園・降園時の安全対策について お子様と保護者の皆様の安全のため、次のことを守っていただくようお願い致します。 ①駐車場から

卒園 おめでとう

寒い冬が終わり、木々が芽を吹き、たんぽぽ、すみれ、レンゲ草と野原の花が顔を出し暖かい季節の始まりの3月は、おわかれの季節でもあります。卒園・卒業の月です。卒園でおわかれする子ども達に毎年考えること、それは私は子ども達に十分なことをしてあげられたのだろうか?ということです。「野の花のように、強く、たくましく、美しく」生きていく力をつけてあげられたのだろうか? 幼児期に育てたい人生を幸せに生きていく土

Comentarios


bottom of page