top of page
  • catsubomi0

第二回 発表会がおわって

 発表会みんながんばりました。

お母さんお父さんおばあちゃんおじいちゃん家族のみんな親しいお友達に元気に成長した姿をみてもらってうれしかったですね。

今年は舞台美術(たんぽぽの絵・三匹のこぶたのわらの家・木の家・レンガの家も)キンダーの年中児さん、年長児さんたちで作りました。みんなで創り上げた発表会でした。みんなで大きなことを成し遂げた喜びにあふれ、これが明日への成長につながっていくのです。


こころそだて


 今年の発表会の練習中にキンダーで大発見がありました。それは何日か「わらべうた」の練習をした後のことでした。自由時間にみんなで仲良くわらべうたで遊んでいるのです。元気に明るく笑いながら……。いつもだったらレゴやブロックなどで遊んでいて退屈すると「だれちゃんが ぶった」とか「だれちゃんが ごめんて言ったのに許してくれない」とか、訴えてくるのですが、本当に仲良く長時間あきないで、みんなで遊んでいるのです。

 日本語のわらべうたも英語のわらべうたも年間を通じて授業(レッスン)の中でとりあつかっているものです。わらべうたは、子ども同士の集団生活から自然発生的に生まれ出た唄で、古い時代から伝承されてきたものです。私達、昭和20年代生まれのもの達は学校から帰ったら近所の庭の広い家に集まって遊んでいました。友達のお姉ちゃんやお兄ちゃん、それから自分達の弟や妹も一緒に、いわゆる、縦社会で、手まり唄や石けり唄やで集団で陽が落ちるまで遊んでいました。自然といろんなわらべ唄を覚えていました。今の子ども達には集団で遊ぶ方法が伝わっていなかったのだ!と外での遊び場、野原がなくなってしまって……。


                      チャイルドアカデミー

                           代表  森  裕子

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

すこやかな眠り

入学式、入園式の前に桜が咲き春らんまんの4月は雨が多く、でも、子ども達は元気に園生活を楽しみ5月の連休にはいります。せっかく慣れた園生活も連休明けに、どうなるかな?と心配されているご両親もいらっしゃると思います。そのためにお母さんにおねがいしたいことがあります。それは「基本的生活習慣をくずさないでください」ということです。例えば朝6時に起きて夜7時に寝るというような生活習慣です。十分な睡眠時間をと

チャイルドアカデミーの保育・教育理念は野の花のように、強く、たくましく、美しくです

「美しい」という日本語は昔はやさしく、心がりっぱで、その上、いさぎよいという人間の内面性を表すことばだったそうです。品性(心の高さの価値)を高め、それを深め、それを守って生活していく子ども達を育てたいと願い努力してまいりたいとチャイルドアカデミースタッフ一同頑張っています。 登園・降園時の安全対策について お子様と保護者の皆様の安全のため、次のことを守っていただくようお願い致します。 ①駐車場から

卒園 おめでとう

寒い冬が終わり、木々が芽を吹き、たんぽぽ、すみれ、レンゲ草と野原の花が顔を出し暖かい季節の始まりの3月は、おわかれの季節でもあります。卒園・卒業の月です。卒園でおわかれする子ども達に毎年考えること、それは私は子ども達に十分なことをしてあげられたのだろうか?ということです。「野の花のように、強く、たくましく、美しく」生きていく力をつけてあげられたのだろうか? 幼児期に育てたい人生を幸せに生きていく土

Comments


bottom of page