top of page
  • catsubomi0

      2がつは春待ち月


1年を12で割って「月」という区切りがありますが、24で割った二十四節気が

あります。自然を観察し、その尊さと感謝の気持ちを衣服(きもの)にあら

わしながら、自然とともに生きた暮らしがあります。

 1月21日頃の大寒を経て 2月4日頃は「立春」 2月19日頃は 雨水といい

ます。立春は皆様になじみのある言葉ですね。「立春」と聞くだけで、なにやら

陽光が春めいてくるように感じますね。

「雨水」はあまりなじみがない方が多いと思います。冬の間に降った雪や氷が解けて

水となり、大地を潤しはじめます。そしてこの水は土中深く眠っていた草木の発芽を

促すのです。冬枯れの街路樹に小さな芽がふくらんでいるのを発見し心ときめくのも

このころです。

 二十四節気にそって生活していると、自然が確実に循環していることを教えてくれます。

生長と再生、そして衰退、そのあとの誕生という循環は、私たちに生きることのコツも示してくれているように思うのです。


      こころそだて   幸せなこどもに育てたい


 時間に追われ、分刻みで動いている現代社会に生きていくだけでも大変なのに、出産し

育休も十分にとれず子育てしながら職場に復帰したママ達(パパ達も)超過酷な日常を

すごしていらっしゃいます。一日の終わりに子どもの寝顔をみたら「ホッ」とするなら

まだ幸せです。子どもの心に向き合う ゆとりがなくてあたりまえです。まず、お母さん

(ママ)が幸せになってください。一人になって幸せを感じる時間をつくりましょう。



            チャイルドアカデミー

                        代表  森裕子     

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

すこやかな眠り

入学式、入園式の前に桜が咲き春らんまんの4月は雨が多く、でも、子ども達は元気に園生活を楽しみ5月の連休にはいります。せっかく慣れた園生活も連休明けに、どうなるかな?と心配されているご両親もいらっしゃると思います。そのためにお母さんにおねがいしたいことがあります。それは「基本的生活習慣をくずさないでください」ということです。例えば朝6時に起きて夜7時に寝るというような生活習慣です。十分な睡眠時間をと

チャイルドアカデミーの保育・教育理念は野の花のように、強く、たくましく、美しくです

「美しい」という日本語は昔はやさしく、心がりっぱで、その上、いさぎよいという人間の内面性を表すことばだったそうです。品性(心の高さの価値)を高め、それを深め、それを守って生活していく子ども達を育てたいと願い努力してまいりたいとチャイルドアカデミースタッフ一同頑張っています。 登園・降園時の安全対策について お子様と保護者の皆様の安全のため、次のことを守っていただくようお願い致します。 ①駐車場から

卒園 おめでとう

寒い冬が終わり、木々が芽を吹き、たんぽぽ、すみれ、レンゲ草と野原の花が顔を出し暖かい季節の始まりの3月は、おわかれの季節でもあります。卒園・卒業の月です。卒園でおわかれする子ども達に毎年考えること、それは私は子ども達に十分なことをしてあげられたのだろうか?ということです。「野の花のように、強く、たくましく、美しく」生きていく力をつけてあげられたのだろうか? 幼児期に育てたい人生を幸せに生きていく土

Kommentare


bottom of page